楽聞( TheJoy of Listening)

アクセスカウンタ

zoom RSS 発音講座2 息の出し方の違いを感じよう。

<<   作成日時 : 2009/07/24 16:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4





正しい英語の息の出し方と正しくない息の出し方を聞き比べてください。

I'm in Tokyo. He's in Tokyo.

He did it.  Yes, she is.

例文は日本人の弱点がカバーできるように作ってあります。
同じだと感じるまで何度も繰り返し練習してみてください。

質問、ご意見、ご要望がありましたら、コメント、メッセージ欄を通して、遠慮なくお寄せ下さい。


気に入っていただけましたら、他の方にも読んでいただけるよう、クリックをお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
DS 学研 ヨーロッパ4ヵ国語三昧DS
ドイツ・フランス・スペイン・ドイツの四ヶ国語を1本で学習可能 ...続きを見る
ゲーム総合情報サイト
2010/03/22 10:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
joyさんこんばんは^−^
発音講座、とてもわかりやすかったです。
私が中学生の頃、こんなに綺麗に発音なさる
先生はいらっしゃいませんでした。
やはり何度もまねして覚えるのが一番良いようですね。


hiro
URL
2009/07/25 20:11
hiroさん、ありがとうございます。
自分の歴史は声を作り、本当の声を探す旅であり、深まるにつれて自信を得てきたようです。ただし、ひとさまから見れば超スローな歩みです。
はい、無心にまねる、これに尽きると思います。
joy
2009/07/25 21:38
joyさん、
英語の発音講座は卓越しました。レッスンはとても分かりやすくて、英語の発音もすぐれたでした。
Nik
2009/07/31 00:17
Nikさん、お聞きいただきありがとうございました。
実は、発音講座は、以前にこちらでhttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/shaberum/view/200702、基礎基本の発声について、載せた(録音)したことがあるのです。日本語の勉強に役立つようでしたら、お聞き下さい。
English speakersのための「日本語の発音講座」は、準備が充分とは言えないけれど始めてしまった方がいいのかもしれませんね。
あなたにコメントを頂くと、本当にやる気が出てきます。
joy
2009/07/31 15:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
発音講座2 息の出し方の違いを感じよう。 楽聞( TheJoy of Listening)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる